HOME > お客様事例 > AIC税理士法人

AIC税理士法人様(大阪府)|100%電子申告へチャレンジ

プロファイル

AIC税理士法人 プロファイル
事務所名 AIC税理士法人
URL:http://www.aictax.com
代表者 金崎 定男
石森 雅一
澤井 宏貴
(共同代表)
所在地 大阪府
設立年 平成3年4月
平均年齢 36歳
「達人シリーズ」導入時期 平成19年5月
利用会計ソフト 弥生会計、会計王、PCA会計、勘定奉行
システム構成 パソコン 17台
(内訳)ファイルサーバ 1台、セミナー用パソコン 6台(LANには未接続)


共感、共育、共創の理念をもち、関西圏を中心に、中小企業の発展に尽くすことを使命に税務・会計サービスを提供しているAIC税理士法人。特に、外資系企業、貿易業、飲食関連チェーン店などのサポートを強みとしている。

「達人シリーズ」導入経緯、電子申告への取り組みについて、代表社員 金崎 定男様、澤井 宏貴様にお話をお伺いいたしました。

「達人シリーズ」を導入された経緯をお聞かせください。

澤井 宏貴様

澤井 宏貴様

金崎−以前は他のパッケージソフトを10年以上利用していました。しかし電子申告への対応が不十分でした。

澤井−国税は対応していたのですが、地方税が対応していなくて。いつ対応するのか聞いたのですが、まだわかりませんとのことでした。

金崎−私としては電子申告を行いたかったので、電子申告ができるソフトを探していました。そんな時に、税務通信の広告や、インターネットで「達人シリーズ」を知って、「達人シリーズ」特約店のエヌ・ジェイ出版販売の個別説明会に申し込んで詳しい内容を聞きました。


エヌ・ジェイ出版販売はこちらから

個別説明会のお申し込みはこちらから

個別説明会に参加してみていかがでしたか?

金崎 定男様

金崎 定男様

金崎−細かいところまで説明していただいて、実際に「達人シリーズ」を触ってみたら入力画面が帳票に近いのでわかりやすかったですね。電子申告もスムーズに対応できたので導入を決定しました。

澤井−「達人シリーズ」Proなら何台インストールしても追加費用がかからないのも魅力でしたね。


システムを移行するに当たり職員様の反応はいかがでしたか?

金崎−職員は今までとやり方が変わったので不満はあったみたいですね。でも「達人シリーズ」を使っていくうちに、やり方がわかってきて慣れてきましたね。

澤井−スキルをまた一から習得しなければいけませんからね。導入当初は少し大変ですね。

前システム 「達人シリーズ」導入後
システム 料金 申告書作成ソフト 年間利用料
システムメンテナンス料 400,000円 法人税の達人 Pro ダウンロード版 55,900円
減価償却の達人 Pro ダウンロード版 51,900円
消費税の達人 Pro ダウンロード版 31,900円
内訳概況書の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
所得税の達人 Pro ダウンロード版 51,900円
年調・法定調書の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
相続税の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
申請・届出書の達人 Pro ダウンロード版 33,900円
データ管理の達人 Pro ダウンロード版 49,800円
電子申告の達人 Pro ダウンロード版 36,000円
達人Cube 年間利用料
追加5アカウント(合計10アカウント) (月額2,850円×12か月)
34,200円
ウイルス対策 (月額950円×12か月)
11,400円
システムメンテナンス料 400,000円 年間利用料金合計 476,600円
  • ※ 表示価格は税抜きです。
  • ※ 製品の金額は2016年4月18日現在のものです。

「達人シリーズ」を利用してみたご感想をお聞かせください。

金崎−「達人シリーズ」はLAN対応しているのでデータの一括管理ができるのがいいですね。今は、データサーバを用意して利用しています。データも簡単にバックアップできますね。

澤井−以前利用していたソフトよりも入力するところが多いかなと思ったのですが、実際使ってみると面白いというのが実感ですね。何が面白いかというと、申告書と同じ画面で見れるところですね。イメージが近いですし、ビジュアル的にもいいですね。あとは、迅速で打てば響くようなサポートを心がけていただけると、良い印象が残りますし、仲間の税理士にも「達人シリーズ」を薦めることができますよ。

電子申告への取り組みについてお聞かせください。

金崎様 澤井様

金崎−去年から顧問先に開始届けの提出をお願いしています。

澤井−ほぼ9割の顧問先に提出していただいています。

金崎−電子申告の場合、還付が早いですからね。還付を早く受けたい企業様には喜んでいただけますね。顧問先も税理士もやはり慣れれば効率よくできますよね。地方税もいちいち郵送しなくても良いですからね。今年は達人Cube「電子申告機能」を利用して、法人税、消費税、地方税、所得税の申告を100%電子申告することを目標に取組中です。


取材時期:2007年6月 取材協力:エヌ・ジェイ出版販売株式会社

エヌ・ジェイ出版販売はこちらから

※ 敬称を省略させていただいております。

導入事例のトップに戻る