HOME > 導入事例 > 神戸ビズサポート総合会計

神戸ビズサポート総合会計様(兵庫県)|「達人シリーズ」は開業間もない税理士の助っ人

プロファイル

神戸ビズサポート総合会計 プロファイル
事務所名 神戸ビズサポート総合会計
URL:http://www.iizeirisi.com
代表者 難波 修
村松 公人
所在地 兵庫県
所属 近畿税理士会 芦屋支部
設立年 平成19年
平均年齢 42歳
「達人シリーズ」導入時期 平成18年6月
利用会計ソフト 弥生会計、会計王、ビズソフト会計、大蔵大臣 など
システム構成 サーバ機 1台、デスクトップパソコン 4台


「達人シリーズ」導入の経緯について、神戸市東灘区の神戸ビズサポート総合会計 村松 公人先生・難波 修先生にお話をお伺いしました。

事務所のご紹介をお願いします。

税理士 村松 公人先生

税理士 村松 公人先生

村松−「税務調査」の達人二人が力を合わせ、平成19年6月「神戸ビズサポート総合会計」を立ち上げました。

元上席国税調査官の経験とノウハウで税金に係わる外圧から、クライアントの皆様をお守りします。最近の税務署は、少しのミスに対しても、”知らなかった”、”聞いてなかった”では許してくれません。特に創業時の諸届けを忘れたり遅れたりすると、取り返しがつきません。そのような事にならないようアドバイスさせていただいています。


事務所設立の経緯をお聞かせください。

税理士 難波 修先生

税理士 難波 修先生

難波−私は「個人」、村松先生は「法人」を中心にこれまで数多くの税務調査を行ってきました。

今までは納税者を攻める側でしたが、“納税者の味方に立ったほうが世間のためになるのではないか”と、お互い考え税理士になりました。二人とも別々の事務所にいたのですが、今回一緒に事務所を立ち上げました。

村松−二人で組んだ方が税法的にも幅広く対応できると思いましたし、今しかないと思い独立しました。


顧問先の拡大方法についてお聞かせください。

村松−顧問先の拡大については日々考えています。

ホームページを作るだけでなく、ホームページの凝縮版を会社案内として配布しています。さらに、インターネットで検索した際、上位に表示されるようSEO対策をし、東灘区のホームページにバナー広告を出す予定です。

また、事務所のある神戸ファッションマート内には神戸市支援のSOHOプラザがあるので税金の説明や相談を行っています。すぐには顧問先にならないと思いますが、地道に続けることが重要だと思っています。

今後の事務所についてお聞かせください。

難波−職員が働き甲斐を持てるような事務所にしたいと考えています。事務所の顧問先が減ることにより、仕事の負担が減って喜ぶようではいけないと思います。私たち税理士はもちろんですが、職員ひとりひとりが“顧問先を増やしていくんだ!”という事務所にしたいです。

「達人シリーズ」を導入された経緯をお聞かせください。

村松−平成18年5月に税理士登録し、ありとあらゆる申告書作成ソフト(システム)の研究をしていました。

ちょうどその頃、画期的な価格と魅力いっぱいの機能を持つ「達人Cube」が発売され、何の迷いもなく「達人Cube新商品発表会」に参加しました。「達人Cube 顧問先サポート」(インターネットを利用したパソコン遠隔操作)の簡単さと、「達人シリーズ」の簡単な操作にシビレ、その場で申し込みました。

製品名 年間利用料
申告書作成ソフト 法人税の達人 Pro ダウンロード版 55,900円
減価償却の達人 Pro ダウンロード版 51,900円
消費税の達人 Pro ダウンロード版 31,900円
内訳概況書の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
所得税の達人 Pro ダウンロード版 51,900円
年調・法定調書の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
相続税の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
財産評価の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
申請・届出書の達人 Pro ダウンロード版 33,900円
データ管理の達人 Pro ダウンロード版 49,800円
電子申告の達人 Pro ダウンロード版 36,000円
達人Cube 消費税管理 (月額950円×12か月)11,400円
報酬請求 (月額950円×12か月)11,400円
ウイルス対策 (月額950円×12か月)11,400円
ファイルストレージ 10GB (月額950円×12か月)11,400円
ファイル転送 (月額950円×12か月)11,400円
年間利用料金合計 527,900円
  • ※ 表示価格は税抜きです。
  • ※ 製品の金額は2016年4月18日現在のものです。

ソフト選定のポイントは何でしたか?

村松−ソフト選びのポイントは、専用機的な考え方ではなく、パソコンの直感的な操作ができることでした。

「達人シリーズ」は、帳票そのままの入力画面や、画面の切り替えなど直感的に操作できる点が大変気に入りました。

実は、税理士登録する前に、いろいろな先生のところにお邪魔して専用機や他社のソフトを操作させてもらいました。どの専用機も独特の使い方で、プリンタやスキャナが指定されるということに違和感を感じました。

他社のソフトの方は、専用機を使っていた人が使いやすい動きをするのが私には合いませんでしたね。

また、「達人シリーズ」は、プログラムのインストールやバージョンアップもすべてインターネットからダウンロードできる点もいいですね。データの保存にはSQLサーバを利用していますが、SQLサーバの詳しい知識がなくても簡単に導入できる点も優れていました。今後は職員が増えたときの体制も考えながら「達人シリーズ」を利用していきたいです。

価格についてはいかがですか?

難波−税理士事務所を立ち上げた時には他の先生から「200〜300万かかったでしょ?」と言われましたが、「達人シリーズ」は価格破壊とも言うべき予算で導入できたので、「開業して間もない税理士の助っ人」ですね。

ありとあらゆる申告書作成ソフト(システム)を比較した結果、価格的にも一番良かったですし、年間利用料で追加の費用が発生しないというのがいいですね。

今後税理士事務所を立ち上げようとしている方には是非おすすめしたいです。

電子申告についてはどのようにお考えですか?

村松−事務所の差別化を図る上でも電子申告を積極的に行い”電子申告に強い事務所”ということを売りにしていきたいです。電子申告に対応するかしないかが今後の事務所発展の分岐点だと思っています。「達人Cube」での電子申告はe-Taxクライアントソフトを介さずに電子申告できるので、とても簡単でびっくりするほど速いです。今後は”電子申告=達人”となると思いますよ。

今年は神戸ファッションマート内で電子申告のセミナーなどを開いて、法人・個人を含めて300件は電子申告を行いたいと思っています。

「達人シリーズ」導入の決め手になった「顧問先サポート」についてお聞かせください。

村松−利用方法としては主に顧問先の会計ソフトの仕訳チェックです。他には、メールやワードの使い方やエクセルの演算式を教えるのにも重宝しています。

話を聞くまでは、どのような機能か分かりませんでしたが、実際に操作を見て「これは使える!」と思いましたね。顧問先の中にはメールにファイルを添付する方法が分からない方もいらっしゃいますし、顧問先が忙しく時間が取れない場合でも、インターネットに接続するだけでデータのチェックできるので、顧問先も我々も時間の効率化を図ることができます。

職員からは「月額1万円も払って大丈夫?」と言われましたが、訪問する時間の費用を考えるとすぐに元が取れます。これから遠方の顧問先も増えると思うので、ますます活用したいと思います。

取材時期:2007年8月

※ 敬称を省略させていただいております。

導入事例のトップに戻る