HOME > お知らせ

ダウンロード

  • 「達人シリーズ」を90日無料でお試し
  • パンフレット 各種製品の詳細をチェック
  • 連動コンポーネント 他ソフトの作成データと連動可能
  • セミナー情報
  • 個別説明会のお申し込み
  • 企業で税務申告をお考えの方へ
  • よくあるご質問
  • ご購入
  • お問い合わせ・資料請求
  • 全国税理士データ通信協同組合連合会
  • エヌ・ジェイ出版販売
  • オリコンタービレ

お知らせ

「年調・法定調書の達人(平成29年分版)」提供予定日のお知らせ

2018.08.18

TatsuzinCube

日頃、「達人シリーズ」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

「年調・法定調書の達人(平成29年分版)」の提供予定日が決定しましたので、お知らせいたします。
本プログラムでは、最新の税制改正に対応するだけでなく、新たな機能改善も予定しています。

公開プログラムバージョン
年調・法定調書の達人(平成29年分版)

プロダクトバージョン(1.1.0.1) / メンテナンスバージョン(1.01.0000)
※データベースを更新する必要があります。

提供予定日
平成30年9月中旬

1.税制改正による変更
(1) 対応帳票の新規追加

   以下の帳票を対応帳票に新規追加します。翌期繰越や手入力で[新規登録/基本情報の登録]画面−[基本情報]タブ−
   [申告年度]を30年に変更した場合に作成できます。
   (対応帳票)
   ・給与所得者の保険料控除申告書
   ・給与所得者の配偶者控除等申告書

2.機能改善による変更
(1) 画面の変更

   以下の画面を変更します。
   @ [開く]画面
     ・ プログラム起動中は、データの選択状態と[検索(フィルタ)]画面の設定を保持するよう変更します。
      本変更に伴い、[検索(フィルタ)]画面に[F9/初期値]ボタンを追加します。データの選択状態と
      [検索(フィルタ)]画面の設定
      を初期値に戻す場合はクリックします。
      ※ [検索(フィルタ)]画面−[高度な検索]タブ−[事業者データベース名]は、[F9/初期値]ボタンを
        クリックしても保持されたままです。
   A [新規作成/基本情報の登録]画面
     ・ [税理士情報]タブ−[税理士番号]に半角ハイフン(-)を入力できるよう対応します。
   B [納付先(市町村)一覧]画面の変更
     ・ [社員の新規登録/編集]画面−[基本情報]タブ−[納付先(市町村)]−[参照]ボタンをクリックして
      表示される[納付先(市町村)一覧]画面に[新規登録]ボタンを追加し、納付先(市町村)の新規登録が
      可能となります。
   C [社員の新規登録/編集]画面の変更
     ・ [家族情報]タブ画面の[氏名/フリガナ]を2段書きに変更します。
     ・ 申告年度が平成30年度以後の場合に、[社員の新規登録/編集]画面−[家族情報]タブ−[合計所得]に
      [内訳]ボタンを追加し、[内訳]ボタンをクリックして表示される[合計所得金額(内訳)]画面より、
      所得金額の内訳を詳細に入力できるようにします。

(2) 表示条件の変更
   本年での扶養区分が[一般]であり、翌年に[老人]に変わる控除対象扶養親族に関して住所が本人と異なる場合、
   「【翌年分】給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」で扶養区分を[その他]に設定するよう変更します。

(3) 印刷項目の拡充
   印刷時に[あなたの氏名(フリガナ)/あなたの氏名]の印字有無を選択できるようにします。
   @ [印刷項目の選択]画面の追加
     ・ 「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」において[印刷]ボタンをクリック
      して表示される画面に[印刷項目]ボタンを追加します。
   A 印刷項目の追加
   ・ 以下の帳票について[印刷項目の選択]画面に[あなたの氏名(フリガナ)/あなたの氏名]を追加します。
     (対応帳票)
     ・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
     ・【翌年分】給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

(4) インポート機能の変更
   [中間ファイル(給与用)からのインポート]で取り込んだデータについて、以下のとおり[現況]の値に応じて
   同様の設定をするよう対応します。
   現況:退職/年調区分:年調計算を行わない
   現況:休職/徴収方法:普通徴収

(5) インポート/エクスポート機能の追加(Professional Edition/Standard Edition 限定)
   Professional EditionとStandard Edition限定の機能として、基本情報と帳票に入力したデータを、Excel形式及び
   CSV形式でインポート/エクスポートできるよう、機能を追加します。対象となる帳票や項目などの詳細は、[データ
   のインポート/エクスポート]画面に追加した[F3/項目表]ボタンをクリックして表示される画面から確認ができます。
   ※ インポート/エクスポートは、手入力の項目のみです。自動連動項目と、入力切替項目で手入力していない場合は
     インポート/エクスポートしません。
   ※ インポート時に既に入力済の帳票がある場合、全て上書きされます。
   ※ インポート時にエラーがある場合は、ログが保存できます。
   ※ インポート時に「年調・法定調書の達人(平成29年分版)」でインポートする帳票を作成していなくても、
     [帳票データ
     のインポート]で取り込むと、該当の帳票が作成されます。

3.その他

(1) 電子申告について(「電子申告の達人」ご契約の方限定)

   本プログラムの公開に伴い、「電子申告の達人」(国税/地方税)も同日に更新します。

今後も、弊社「達人シリーズ」では、皆様からのご要望を心よりお待ちしております。

このページのトップへ