導入/操作マニュアル
株式会社 NTTデータ


目次

 
はじめに
   この度は、「法人税の達人(平成18年度版)from 会計王10」 をご利用頂き誠にありがとうございます。
この説明書は「法人税の達人(平成18年度版)from 会計王10」の導入方法や操作方法などについて記述しております。お使いになる前にご一読ください。
「法人税の達人(平成18年度版)from 会計王10」は『法人税の達人(平成18年度版)以降』(以下、『法人税の達人』)と、ソリマチ株式会社の製品である『会計王10』のデータを連携させるための連動コンポーネントです。
連携についての詳細は、『達人シリーズ−法人税システム』マニュアル等をご参照ください。

目次へ
 
動作環境
 
・動作OS Windows Vista / Windows XP Professional/Windows XP Home Edition/
Windows 2000 Professional Windows Me /Windows 98
・ブラウザ Microsoft Internet Explorer 5.01 以降
・CPU PentiumV500MHz以上推奨
・対応機種 動作OSの稼動が保証されているパソコン
・メモリ 本体メモリ32MB以上(推奨64MB以上)
※Windows XP/2000の場合は128MB以上、Windows Vistaの場合は512MB以上
・ハードディスク 必須空き容量最低100MB以上
※必須条件:「ソリマチ 会計王10」がインストール済みで、正常に動作すること

目次へ
 
主要スペック
  ソリマチ会計王10の処理スペックに従います。
 
管理可能会社 最大1,000社
    1仕訳の金額 -99億〜999億
    集計の金額最大桁 -999億〜9,999億
  詳細につきましては、ソリマチ会計王10のセットアップガイドをご参照ください。

目次へ
 
インストール方法
 
注意 必ず「会計王10」がインストールされているコンピュータにインストールしてください。
  (1) 達人シリーズのオフィシャルホームページよりダウンロードしたファイルをダブルクリックします。
    セットアップ画面が表示されます。
 
  (2) 「次へ」ボタンをクリックする。
   
 
  (3) 「次へ」ボタンをクリックする。
   
参考 インストール先フォルダに「ソリマチ 会計王10」がインストールされているフォルダが初期表示されますので、そのままインストールを続行します。
   
    インストールが開始されます。
 
  (4) [OK]ボタンをクリックする。
   
 
  以上でインストール作業は終了です。

目次へ
 
アンインストール方法
  (1) コントロールパネルから「アプリケーションの追加と削除」を開いて、「法人税の達人(平成18年度版) from会計王10」を選択する。
   
    アンインストールが開始されます。

目次へ
 
運用方法
  当システムの運用は以下の2通りとなります。
 
  (1) 「法人税の達人」がインストールされているコンピュータに「会計王10」もインストールされている場合
   

2つのシステムが入っている。
「法人税の達人」から、ダイレクトに連動できます。
 
  (2) 「会計王10」のみインストールされている場合
   

「会計王10」のみ入っている。
スタートメニューから、「プログラム」−「達人シリーズ」−「連動コンポーネント」−「法人税の達人(平成18年度版) from会計王10」を選択して、フロッピーディスク等にデータを保存します。
 

「法人税の達人」のみ入っている。
業務メニューの[データのインポート]からデータを取り込みます。

目次へ
 
操作方法
  上記のように起動する方法は2通りありますが、操作する画面は共通です。
 
  (1) 連動コンポーネントを起動する。
   
A 直接データ連動させる場合
    「法人税の達人」を起動して、データを取り込む法人データを開きます。
業務メニューの[データのインポート]をクリックします。
   
    「データのインポート」ダイアログボックスの一覧から[会計王10からのインポート]を選択し、[確定]ボタンをクリックします。
   
     
B 直接データ連動しない場合
    スタートメニューの[プログラム]−[達人シリーズ]−[連動コンポーネント]−[法人税の達人(平成18年度版) from会計王10]をクリックします。
   
     
    連動コンポーネントが起動します。
     
  (2) データ連動させたい会計王10側のデータをクリックし、ダブルクリックするか、 Enterキーを押すか、画面右上の[選択]ボタンをクリックする。
注意 経営形態が『法人』のデータのみ選択可能です。『個人』のデータは選択できません。
   
    「決算書 集約条件」画面が表示されます。
 
  (3) 会社名や会計期間を確認し、集計期間を入力し、「実行」ボタンをクリックする。
参考 「法人税の達人」から直接データ連動させる場合は 入力する必要はありません。
(出力先のファイル拡張子には、XML(中間ファイル)を指定してください。)
   
    中間ファイルの作成が開始されます。
 
  (4) 「OK」ボタンをクリックする。
   
 
  (5) 法人税の達人(平成18年度版)に作成した中間ファイルをインポートする。
   
A 直接データ連動させる場合
    「法人税の達人」から直接データ連動させている場合、手順(4)の[OK]ボタンのクリック後に「法人税の達人」が自動的に作成したデータをインポートします。
B 直接データ連動しない場合
    『手順(1) A:直接データ連動させる場合』の「データのインポート」ダイアログボックスで[中間ファイル(決算書用)のインポート]を選択することにより、作成した中間ファイルをインポートすることができます。
 
  以上で中間ファイルの作成、インポート作業は終了です。
 
 
データ連動に関する注意事項

  • 設定について
    「法人税の達人」にデータが取り込まれた直後、可能な限り自動的に設定が行われます。データを取り込んだのち、「法人税の達人」の「取込設定」にて設定を確認してください。



  • 注記について
    会計王で入力した注記の内容は連携しません。
    データを取り込んだのち、「法人税の達人」の「個別注記表」にて入力してください。

  • 株主資本等変動計算書について
    会計王で入力した変動事由の入力内容は連携しません。
    データを取り込んだのち、「法人税の達人」の「株主資本等変動計算書」にて入力して該当する個所に入力してください。

  • 集計条件について
    会計王で設定した決算書作成における集計条件は連携しません。
    データ連動時には常に税抜集計でデータが集計されます。

目次へ
 
著作権・免責等に関する注意事項
 
「法人税の達人(平成18年度版) from会計王10」のソフトウエア製品全体の著作権、工業所有権の一切の知的財産権はソリマチ株式会社に帰属するものとします。
「法人税の達人(平成18年度版) from会計王10」の複製物(バックアップ・コピー)は、不慮の事故に備えて1部のみ作成することができます。
「法人税の達人(平成18年度版) from会計王10」を使用した結果の損害及び影響について、原因のいかんを問わず、弊社及びソリマチ株式会社は一切の賠償の責任を負いません。
「法人税の達人(平成18年度版) from会計王10」のプログラム及びドキュメント等の一部または全部をどのような場合でもその形態を問わず無断で解析・改造・配布等を行うことはできません。
「法人税の達人(平成18年度版) from会計王10」のソフトウエア製品仕様は、事前の通知なしに変更することがあります。

目次へ