HOME > お知らせ

ダウンロード

  • 「達人シリーズ」を90日無料でお試し
  • パンフレット 各種製品の詳細をチェック
  • 連動コンポーネント 他ソフトの作成データと連動可能
  • セミナー情報
  • 個別説明会のお申し込み
  • 企業で税務申告をお考えの方へ
  • よくあるご質問
  • ご購入
  • お問い合わせ・資料請求
  • 全国税理士データ通信協同組合連合会
  • エヌ・ジェイ出版販売
  • オリコンタービレ

お知らせ

「データ管理の達人」提供予定日のお知らせ

2019.04.09

TatsuzinCube

日頃、「達人シリーズ」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

「データ管理の達人」の提供予定日が決定しましたので、お知らせいたします。
本プログラムでは、新たな機能改善を予定しています。

公開プログラムバージョン
データ管理の達人

プロダクトバージョン(1.10.0.0) / メンテナンスバージョン(1.10.0000)

提供予定日
2019年5月上旬


対応内容
<センター/コンピュータ/達人Cube Miniシリーズ>
(1) 新元号への対応

   新元号への対応として、以下を変更します。
   ① 新元号の追加
     ・ 元号をプルダウンで選択する項目において、新元号を追加します。
   ② 元号選択プルダウンの追加
     ・ 画面上で元号が固定されている項目において、元号を選択できるようプルダウンを追加します。
   ③ 設定可能な年月日の延長
     ・ 「生年月日」「関与開始日」などに設定可能な西暦の年月日の上限を、「2087年(平成99年)12月31日」から
      「2117年(令和99年)12月31日」へ延長します。

<センター/コンピュータ>
(1) 10万件を超えるログファイル出力に対する注意喚起メッセージ画面の追加

   [アクセスログ]-[CSV出力]でアクセスログのCSV出力を行う際に対象となるログが10万件を超える場合、制限時間
   内に処理が完了せず、タイムアウトが発生してエラーとなる事象に対し、[出力対象期間]の範囲を狭めて対象件数を
   少なくするように促す注意喚起メッセージを表示するよう画面を追加します。

<センター>
(1) 「収集データ」のデータ型の変更

   上記「(1)新元号への対応」に伴い、[個人番号収集データベース]-[収集データの新規登録-利用目的設定]
   画面及び[利用目的の変更]画面において、[備考]-[年度]のデータ型を、“数値”から“日付(元号+年
   +年度)”へ変更します。
   例えば「データ管理の達人」(Ver:1.9.0.0)において[年度]に“32”を設定している場合、(Ver:1.10.0.0)
   にアップデート後、「令和2年度」に置き換えます。
   本変更に伴い、以下を変更します。
   ① 画面の変更
     ・ [事業者情報]又は[収集対象者情報]をデータベースへエクスポートする場合、以下の画面において、元号が
      固定されている[備考(年度)]を、“数値”表示から“日付(元号+年)”表示へ変更します。
      (メニュー名/画面名)
      ・ [事業者データベース]-[事業者情報のエクスポート]-[個人番号収集データベース]/
          ・ 個人番号収集データのエクスポート
      ・ [個人番号収集データベース]-[収集対象者情報のエクスポート]-[個人番号収集データベース
        (他の収集データへ)]/
          ・ データのエクスポート
   ② 収集データのインポート/エクスポートファイルの項目の変更
     ・ CSV又はExcelファイルで収集データのインポート/エクスポートを行う場合、[備考(年度)]のデータ型を
      以下のとおり変更します。
      (メニュー名/旧データ型/新データ型)
      ・ インポート/“数値”/“数値”(※)
                  /“日付(元号+年+年度)”
      ・ エクスポート/“数値”/“日付(元号+年+年度)”
      (※) “1”~“31”を設定した場合、「平成」の年度に置き換えます。“32”以上を設定した場合、
          「令和2年度」以降に置き換えます。

<コンピュータ>
(1) データベースファイル肥大化に対する警告メッセージの追加

   「業務ソフトウェア」のデータベース一覧画面-[選択したデータベースの設定]において[最適化を定期的に自動で
   行う]にチェックが付いてないデータベースについて、[設定]ボタンをクリックして表示される[タイマー設定]
   画面で[タイマーを有効にする]のチェックボックスをクリックしてチェックを付けてタイマーバックアップを行った
   場合、及び[今すぐ実行]ボタンをクリックして即時バックアップを行った場合、データベースファイルのサイズが
   肥大化する可能性があることを警告するメッセージを、[データベースの保守]-[ログ]ボタンをクリックして
   表示される[バックアップログ]画面に表示するようにします。
   ※ [タイマーを有効にする]のチェックボックスにチェックが付いている場合、[次回実行時間]及び[前回実行時間]
     の下にも警告メッセージを表示します。

今後も、弊社「達人シリーズ」では、皆様からのご要望を心よりお待ちしております。

このページのトップへ