HOME > お知らせ

ダウンロード

  • 「達人シリーズ」を無料でお試し
  • パンフレット 各種製品・サービスの詳細をチェック
  • 連動コンポーネント 他ソフトの作成データと連動可能
  • セミナー情報
  • 個別説明会のお申し込み
  • 企業で税務申告をお考えの方へ
  • よくあるご質問
  • ご購入
  • お問い合わせ・資料請求
  • 全国税理士データ通信協同組合連合会
  • エヌ・ジェイ出版販売
  • オリコンタービレ

お知らせ

「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」公開のお知らせ new

2017.03.18

TatsuzinCube

日頃、「達人シリーズ」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」を本日公開いたしました。
本プログラムでは、最新の税制改正に対応するだけでなく、新たな機能改善も行っています。

※なお、2017年2月18日に公開したお知らせから変更がありました。変更部分に(※)を記載しています。

公開プログラムバージョン
連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]

プロダクトバージョン(1.2.0.2) / メンテナンスバージョン(1.02.0000)
※データベースを更新する必要があります。

DVD発送開始日
平成29年3月23日(木)

※「達人シリーズ」パッケージ版をご契約中のお客様へ、DM便にて5日前後で届くよう発送いたします。

1.税制改正による変更
(1) 連結事業年度開始による帳票の切り替え

    連結事業年度開始が「平成28年3月31日以前」と「平成28年4月1日以後」により、以下の税効果会計の帳票が
    自動的に新旧切り替わるよう処理を追加しました。
    ※ 連結事業年度開始が「平成28年4月1日以後」のデータを既に作成している場合は新帳票に切り替わりますので、
      入力内容を再度ご確認ください。
    ※ 「税効果会計共通情報」は、表示される帳票の大きさも切り替わります。 (※)
    (対応帳票)
    ・ 税効果会計共通情報
    ・ 回収可能額(法人税)
    ・ 回収可能額(住民税)
    ・ 回収可能額(事業税)

(2) 画面の変更/追加

    以下の画面を変更/追加しました。
    @ 例示区分
      ・ 上記「(1)連結事業年度開始による帳票の切り替え」に伴い、「税効果会計共通情報」の以下の入力欄を
        ダブルクリックして表示される[例示区分]画面を、連結事業年度開始によって帳票の内容と揃えるよう
        変更しました。
        (項目)
        ・ 当社
        ・ 連結グループ全体
    A 例外規定
      ・ 税効果会計の「一時差異の解消見込額」において、以下のどちらの条件にも該当する場合、
        [将来減算一時差異合計]−[流動資産分][固定資産分]の[不能]をダブルクリックして表示される
        [例外規定]画面を追加しました。
        不能の金額のうち、特例の対象とする金額を入力できます。
        (条件)
        ・ 連結事業年度開始が「平成28年4月1日以後」
        ・ 「税効果会計共通情報」−[○分類]において[分類2]に該当

2.社会保障・税番号制度(マイナンバー)による変更
(1) 「データ管理の達人」との連携の変更(「データ管理の達人」ご契約の方限定)

    「データ管理の達人」との連携において、以下を変更しました。
    @ データの相互反映項目の追加 (※)
      ・ 「データ管理の達人」で[法人情報]−[法人区分]を[普通法人等]に設定している場合、
        「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)と「データ管理の達人」で、従来の項目に
        加え法人区分を相互反映するよう項目を追加しました。
        「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)では、[基本情報の登録]画面−[基本情報]
        タブ−[普通医療法人]が反映します。
        ● 「データ管理の達人」から「連結納税の達人[個社処理用]」への反映
          「データ管理の達人」の[法人区分]を[普通法人等]に設定している場合、「連結納税の達人(平成28年度版)
          [個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)−[基本情報の登録]画面−[基本情報]タブ−[事業者一覧]ボタンを
          クリックすると、「データ管理の達人」の[法人区分]を「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」
          (Ver:1.2.0.2)の[普通医療法人]に反映します。
          「データ管理の達人」で[法人区分]−[普通法人等]−[普通法人等区分]で[未選択]又は[投資法人等]を
          選択している場合、「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)では[普通医療法人]を
          [該当しない]に設定します。
          「データ管理の達人」で[法人区分]−[普通法人等]−[普通法人等区分]で[医療法人]を選択している場合、
          「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)で[普通医療法人]を[該当する]に
          設定します。
          (データ管理の達人[普通法人等区分]/連結納税の達人[個社処理用][普通医療法人])
          ・ 未選択/該当しない
          ・ 医療法人/該当する
          ・ 投資法人等/該当しない
          ※ 「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)では、法人区分が普通法人等しか
            対応していないため、「データ管理の達人」の[法人区分]が[普通法人等]以外の場合は[事業者一覧]
            ボタンをクリックしても、以下のメッセージを表示し、全てのデータを取り込みません。
        ● 「連結納税の達人[個社処理用]」から「データ管理の達人」への反映
          「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)−[基本情報の登録]画面で
          [F9/マスター更新]ボタンをクリックすると、[普通医療法人]を「データ管理の達人」の[法人区分]に
          反映します。
          ※ なお、「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)で設定できる法人区分は、
            普通法人と普通医療法人のみです。「データ管理の達人」の[法人区分]が上記以外に設定されている場合に
            [F9/マスター更新]ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されるので確認してから更新してください。
    A マスター更新の変更
      ・ 「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)で[F9/マスター更新]ボタンをクリックして
        「データ管理の達人」の基本情報を更新する場合、「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」
        (Ver:1.2.0.2)−[基本情報の登録]画面−[基本情報]タブ−[連結事業年度]の終了月を「データ管理の達人」
        の[法人情報]−[決算月]に連携するよう変更しました。
    B 画面の追加
      ・ 「データ管理の達人」の[法人情報]−[法人区分]が[普通法人等]以外の場合、「連結納税の達人
        (平成28年度版)[個社処理用]」(Ver:1.2.0.2)−[基本情報の登録]画面−[基本情報]タブ−[事業者一覧]
        ボタンをクリックすると、基本情報を取り込めないメッセージを表示するよう画面を追加しました。

3.機能改善による変更
(1) 帳票の新様式への対応

    以下の帳票において、項目を追加/変更しました。
    @ 事業税・都道府県民税適用税率の一覧表
      ・ 以下の項目を追加しました。
        (追加項目)
        ・ 期末現在の資本金の額及び資本準備金の額の合算額
        ・ 収入割
      ・ [期末現在の資本金又は出資金の額]を[期末現在の資本金の額又は出資金の額]に変更しました。 (※)
    A 市町村民税適用税率の一覧表
      ・ [期末現在の資本金の額及び資本準備金の額の合算額]を追加しました。
      ・ [期末現在の資本金又は出資金の額]を[期末現在の資本金の額又は出資金の額]に変更しました。 (※)

(2) 演算式の変更
    以下の帳票の演算式を変更しました。
    @ 第六号様式
    ・ 東京都の場合のQ[均等割額]において、特別区が存在しない場合は入力切替項目に変更しました。
    ・ [51]から[55]の事業税額の控除計算を変更しました。本変更に伴い、以下の画面の演算式も変更しました。
      ※ 第七号様式は変更していません。
      (画面)
      ・ 納付すべき事業税額の内訳
      ・ この申告により納付すべき事業税額
    A 第七号様式
      ・ 東京都の場合のE[均等割額]において、特別区が存在しない場合は入力切替項目に変更しました。

(3) 帳票の非表示対応
    連結計算後、業務メニュー「地方税申告書の作成・確認」−[作成帳票]画面において[連結計算済の地方税帳票を
    調整可能な状態にする。]をクリックしてチェックを付けている場合、以下の帳票の[1.特定寄附金に関する明細]を
    入力できないよう変更しました。
    (対応帳票)
    ・ 第七号の三様式 特定寄附金を支出した場合の税額控除の計算に関する明細書
    ・ 第二十号の五様式 特定寄附金を支出した場合の税額控除の計算に関する明細書

(4) 税務代理権限証書の変更

    [事務所の名称及び所在地]において、「達人Cube」にログインして[F3/参照]ボタンをクリックすると表示される
    [税理士一覧]画面から、連動する条件を変更しました。
    (項目/条件/連動内容)
    ・ 上段/契約情報の種別が[税理士法人]/契約情報の[住所]
    ・ 上段/上記以外の場合/契約情報の[名称]
    ・ 下段/契約情報の種別が[税理士法人]/空欄
    ・ 下段/上記以外の場合/契約情報の[住所]

4.その他
(1) 電子申告について

    本プログラムに対応した電子申告データインポート機能(国税/地方税)もあわせて提供しています。

インストール方法
インストール方法などについては『連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用](Ver:1.2.0.2) 利用ガイド』を
ご確認ください。
<利用ガイド確認方法>
@ 「連結納税の達人(平成28年度版)[個社処理用]」ツールバー[情報コミュニティ]、又はメニューバー[ヘルプ]−
  [情報コミュニティ[FAQ等]]をクリックします。
A [情報コミュニティ]画面−[達人シリーズ]−[各種マニュアル]をクリックします。
B [申告書作成ソフト]タブで該当税目の利用ガイドの[ダウンロード]ボタンをクリックします。
※ パッケージ版をご契約中のお客様は、DM便にて5日前後で届くよう発送いたします。

今後も、弊社「達人シリーズ」では、皆様からのご要望を心よりお待ちしております。