HOME > 達人シリーズ > 申告書作成ソフトカスタマイズオプション > 一括処理

一括処理(「所得税の達人」カスタマイズオプション)

申告書の作成に必要なさまざまな情報の取り込みや申告内容の出力、申告書の印刷作業を一括で実施。大量の所得税申告業務を行う場合などで業務効率化を実現します。

お客様がExcelや外部システムを利用して管理している申告に必要なさまざまな情報を活用し、複数の申告データの新規作成や取り込み処理を一括で行えます。また、「所得税の達人」で作成した複数の申告データの帳票を横断的に一括で印刷、税額等の申告情報を外部ファイルに出力などが可能になります。

「所得税の達人」の詳細はこちらから

顧問先データの一括新規作成を実現

取り込み可能なExcel形式のファイルで、事業者の基本情報(名前、住所など)を準備していただき、そのファイルを取り込むことにより、一度に大量の事業者データの登録を行うことが可能になります。
「データ管理の達人」をご契約のお客様は、「データ管理の達人」の事業者データベースに登録されている事業者の情報と連携して、取り込み可能なファイルをスムーズに作成できます。

顧問先データの一括新規作成を実現

申告書の作成に必要なさまざまな基礎情報の取り込みが可能

申告書の作成に必要なさまざまな基礎情報を、お客様が利用しているシステムやお客様自身で作成したExcel等のファイルで管理している場合に、その情報を取り込み可能な形式のファイルに出力することにより、そのファイルを複数の申告データに対して一度に取り込むことが可能です。
取り込める情報は以下のとおりです。

種別 内容
財務会計 損益計算書や貸借対照表をはじめとする「青色申告決算書」、「収支内訳書」を作成するために必要な情報(減価償却費の明細情報は除く)を取り込むことができます。
減価償却 「青色申告決算書」、「収支内訳書」で登録が必要な減価償却費の明細の情報を取り込むことができます。
申告情報 配偶者や扶養親族の情報、保険料控除はじめとする各種控除情報など申告書の作成に必要な情報を取り込むことができます。

※ 「所得税の達人」に取り込めるファイル形式や項目の詳細については、個別にお問い合わせください。

申告書の作成に必要なさまざまな基礎情報の取り込みが可能

複数の申告データで作成した帳票を一括印刷

複数の申告データで作成されている帳票を横断的に一括で印刷することができます。Standard Edition(スタンダード・エディション)以上ご契約のお客様であれば、紙での出力だけでなくPDFファイルでの一括出力も可能です。

複数の申告データで作成した帳票を一括印刷

税額等の申告情報を出力

作成した申告データ内にある税額の情報など、お客様が確認したい項目を選択して、複数の申告データの情報を横断的に一括でExcel形式のファイルに出力ができます。出力した情報は、申告データの内容のチェックや分析などさまざまな用途でご活用いただけます。

税額等の申告情報を出力

特定項目を一括置換

申告書の提出年月日や税理士の情報など、複数の申告データに共通的に登録される情報を一括で登録する機能です。通常であれば、1件1件申告データを選択して登録する必要がありますが、こちらの機能を利用することで複数の申告データを横断的に一括で登録することが可能になります。

特定項目を一括置換

このページのトップへ