HOME > 達人シリーズ > 達人Cube > 仮想化対策

仮想化対策|仮想化環境での運用もしっかりサポート

仮想化環境は、ITインフラ環境にかかるコストの削減やシステム部門の負担軽減、セキュリティの向上などさまざまなメリットがあることから、昨今、企業や大規模会計事務所で導入が進んでいます。こういった時代のニーズに合わせ、アプリケーションの仮想化やデスクトップの仮想化といった仮想化環境上で、「達人シリーズ」をご利用いただくために必要なサービスが「仮想化対策」です。

仮想化環境とは?

サーバ上に複数のクライアント端末の環境や共有で利用するアプリケーションを用意して、その環境をユーザのコンピュータから利用させることにより、事務所内のコンピュータ環境の一元管理が可能になる仕組みです。仮想化環境の詳細については、こちらをご確認ください。

対応仮想化環境

「達人シリーズ」では、以下の製品/サービスで構成される仮想化環境に対応しています。(2016年4月現在)

■アプリケーション仮想化

製品/サービス サーバ環境 クライアント環境
Citrix XenApp 7.5 Windows Server 2012 Citrix Receiver for Windows 4.X
Citrix XenApp 6.5 Windows Server 2008 R2 SP1 Citrix Receiver for Windows 4.X
Citrix XenApp 5.0 FP2 Windows Server 2008 Citrix Receiver for Windows 4.X
Microsoft リモートデスクトップサービス
RemoteApp
Windows Server 2012 リモートデスクトップ接続クライアント

■デスクトップ仮想化

製品/サービス 仮想基盤 クライアント環境
Citrix XenDesktop 7.1 Vmware ESXi 5.1(vCenter5.1) Citrix Receiver for Windows 4.X
Citrix XenDesktop 5.6 Citrix XenServer 6.0 Citrix Receiver for Windows 4.X
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Citrix Receiver for Windows 4.X
Microsoft リモートデスクトップサービス
仮想デスクトップ
Windows Server 2012 Hyper-V リモートデスクトップ接続クライアント

※ 仮想デスクトップOSについては、サーバ環境の仮想基盤のシステム要件および「達人シリーズ」の動作環境に準じます。

注意事項

  • ・ 上記の仮想化環境で、リモート接続した状態で「申告書作成ソフト」をご利用になる場合は、「仮想化対策」と「Professional Edition」のご契約が必要になります。また、そのご契約単位については、こちらをご確認ください。
  • ・ 上記の仮想化環境以外で「達人シリーズ」のご利用をご検討のお客様は、動作対象外となる場合がありますので必ず事前に「達人インフォメーションセンタ」までお問い合わせください。
  • ・ 上記の仮想化環境において、「申告書作成ソフト」の過年度プログラムおよび「達人Cube」の一部機能のご利用について、動作制限や動作対象外になるものがあります。

(△:一部制約事項あり(複数台のパソコンでの同時利用はできません。)・ ×:動作対象外)

  製品名 動作状況
申告書作成ソフト 法人税の達人 平成23年度版〜平成21年度版
平成20年度版 ×
所得税の達人 平成23年分版〜平成21年分版
年調・法定調書の達人 平成23年分版〜平成21年分版
相続税の達人 平成23年分以降用〜平成21年分以降用
財産評価の達人 平成22年分以降用〜平成20年分以降用
  サービス名 動作状況
達人Cube ウイルス対策 ×
個人情報ファイル検索
USBメモリ保護 ×
達人Cube Mini「ファイル転送」 ×
達人Cube Mini「MN収集」 ×
達人Cube Mini「ファイル圧縮・解凍」 ×
達人Cube Mini「USBメモリ保護」 ×

このページのトップへ