HOME > 導入事例 > 税理士法人felicia

税理士法人felicia様(愛知県)

「会計・給与ソフトとの親和性」、「価格」、「将来性」で選ぶなら「達人シリーズ」で決まり!

プロファイル

税理士法人felicia プロファイル
事務所名 税理士法人felicia
URL:https://www.felix-group.net
代表者 永田 朋成
所在地 愛知県碧南市・名古屋市
所属 東海税理士会 刈谷支部
名古屋税理士会 名古屋中支部
設立年 昭和47年
「達人シリーズ」導入時期 平成30年10月
利用会計ソフト A-SaaS、マネーフォワードクラウド会計、クラウド会計ソフトfreee
システム構成 サーバー 1台、デスクトップパソコン 10台、ノートパソコン 12台、複合機 3台、コピー機 2台


開業時より、お客様の「発展」と「永続」への貢献をモットーに、税務分野のみならず、様々な方法を駆使して企業経営のサポートサービスを提供する税理士法人felicia。
今回、「達人シリーズ」導入に至る経緯について、代表税理士の永田 朋成先生と株式会社ビジネスアカデミー経営支援部IT推進課マネージャーの近藤 達志様にお話をお伺いしました。
また、「達人シリーズ」の導入に際して、支援サポートを行った「達人シリーズ」特約店である株式会社エヌ・ジェイ・ハイ・テックの荒川様にもご同席いただきました。

事務所紹介をお願いします。

代表税理士 永田 朋成先生

代表税理士 永田 朋成先生

永田-創業47年の長い歴史を持ちつつ、正社員平均年齢27歳の若さを誇る会計事務所です。

税務署長経験者をはじめ、専門的な知識を持つスタッフが、お客様のあらゆる課題とニーズにお応えしております。

また、一般的な税務だけでなく、総務経理全般に関わる業務改善などの提案も積極的に行っています。

特にIT・クラウドを得意分野としており、それらのツールを活用して、お客様の間接部門の効率化に日々取り組んでおります。

2019年4月より、ITを駆使し、お客様の総務経理の自動化を代行する「経理スイッチ」という新しいサービスをリリースしました。

「達人シリーズ」導入の経緯についてお聞かせください。

近藤 達志様

近藤 達志様

近藤-昨年の初めからクラウド会計を積極的に導入していくにあたり、既存の税務システムではクラウド会計との連動性がなく、また高額であったことから、別システムへ移行することにしました。

検討にあたっては、クラウド会計ソフトなどとの親和性が高く、かつ、安価である税務ソフトを中心に探していました。

その中で、会計・給与ソフトとの親和性や、機能、金額、将来性などの面を考慮した結果、「達人シリーズ」の導入に至りました。

「達人シリーズ」への移行について、どのように進められたのかをお聞かせください。

近藤-導入時期が10月だったため、法人税、年末調整、所得税の順に移行を進めるスケジュールを立てました。

法人税はクラウド会計システムの移行に合わせ決算期を終えた法人から段階的に行い、今年度で移行が完了します。

年末調整と所得税は件数が多いため、去年分と今年分の2回に分けて移行しているところです。

導入当初は移行にある程度の時間がかかると思いましたが、CSVやExcelでのデータ取り込みや移行の補助ツールを利用して、スムーズに作業を進められました。

「達人シリーズ」を導入して良かった点をお聞かせください。

永田-やはり一番は魅力的な料金体系です。弊社はスタッフの人数も多く、顧客も多く抱えているため、スタッフや顧客の数などによる価格変動がないという料金体系は大変ありがたいです。

また、入力のインターフェースについても、申告書そのままの形式なので、比較的誰でもとっつきやすいところがよかったです。

エヌ・ジェイ・ハイ・テックを選んだ理由をお聞かせください。

永田-税務システムの移行を検討しようとしていたタイミングで、営業に来られたのがそもそものきっかけです。

営業当初から荒川さんには幾度となく足を運んでいただき、事務所の現状や要望など一緒になって親身に考えてくれました。

また、何より「達人シリーズ」に対する熱意がひしひしと伝わってきましたので、これならば安心して任せられると思い、エヌ・ジェイ・ハイ・テックさんから導入することに決めました。

導入後のアフターフォローもしっかりと対応していただいたおかげで、「達人シリーズ」への移行もスムーズに行えました。

「達人シリーズ」を導入された先生のご感想をお聞かせください。

永田-他メーカのソフトに比べ対応帳票が多いところでしょうか。

「達人シリーズ」を導入するまで、対応していない帳票はWordやExcel(中には手書き)などで作成していたため、作業効率が悪く管理が煩雑だったのですが、導入後はほとんどの帳票が「達人シリーズ」で作成できるようになったため、作業効率も上がり、管理がとても楽になりました。

「達人シリーズ」を利用されている職員様のご感想をお聞かせください。

近藤-<良かった点>

  • ・ 多くの会計・給与ソフトと連携し、オープンドな設計は本当に好感が持てます。
  • ・ Professional Editionであれば「達人シリーズ」を台数無制限でインストールできるので、職員が増えても、追加コストの心配がないところがいいです。

<改善点>

  • ・ 「財産評価の達人」ですが、できるだけ手入力の項目を少なくしてほしいです。
  • ・ 対応帳票の多さは非常にいいのですが、ユーザ目線での使い勝手(どこを触ると入力用のウィンドウが出てくるかなど)をもう少し良くしてもらえるといいですね。

「達人シリーズ」へのご要望をお聞かせください。

永田-決算報告書などの帳票類について、もう少ししっかりとした形で出力できるようにしてほしいですね。

近藤-RPAなどと連携したサービスの提供など業務効率化に繋がる新たなシステム開発に期待しています。

今後の事務所の運営方針についてお聞かせください。

職員の皆様

職員の皆様

永田-IT化、クラウド化、自動化という時代の流れの、さらに一歩先を行けるように、最先端技術を常に取り入れて、事務所内の『働き方』から『組織体制』に至るすべてを日々変化させていこうと考えています。

お客様に様々なアドバイスをさせていただく会計事務所という立場だからこそ、新しい「働き方」や「組織体制」、「ビジネスモデル」を常に取り入れ、革新的であり続けるべきだと思っています。

また、企業の間接部門の業務自動化を進める「経理スイッチ」というビジネスも新しくスタートさせました。

フレックスタイム制や週休3日制などの検討も行っています。

当事務所は、これからも常に新しい話題を提供できるよう、社員一丸となって様々なことに取り組んでいきたいと思っています。

製品名 年間利用料
申告書作成ソフト 法人税の達人 Pro ダウンロード版 55,900円×2
減価償却の達人 Pro ダウンロード版 51,900円×2
消費税の達人 Pro ダウンロード版 31,900円×2
内訳概況書の達人 Pro ダウンロード版 39,900円×2
所得税の達人 Pro ダウンロード版 51,900円×2
年調・法定調書の達人 Pro ダウンロード版 39,900円×2
相続税の達人 Pro ダウンロード版 39,900円×2
贈与税の達人 Pro ダウンロード版 25,200円×2
財産評価の達人 Pro ダウンロード版 39,900円×2
申請・届出書の達人 Pro ダウンロード版 33,900円
データ管理の達人 Pro ダウンロード版 49,800円×2
電子申告の達人 Pro ダウンロード版 36,000円×2
達人Cube 仮想化対策 (月額9,500円×12か月)114,000円
追加5アカウント(合計10アカウント) (月額2,850円×12か月)34,200円
年間利用料金合計 1,106,500円
  • ※ 表示価格は税抜きです。
  • ※ 契約内容および製品の金額は2020年7月末現在のものです。

取材時期:2019年10月 取材協力:株式会社エヌ・ジェイ・ハイ・テック

(株)エヌ・ジェイ・ハイ・テックの詳細はこちら

※ 敬称を省略させていただいております。

導入事例のトップに戻る

このページのトップへ