HOME > 導入事例 > シンアカウンティングサービス株式会社

シンアカウンティングサービス株式会社様(東京都)|「達人シリーズ」と「RPA」の活用により、徹底した業務効率化を進める!

プロファイル

シンアカウンティングサービス株式会社(サン共同会計事務所) プロファイル
事務所名 シンアカウンティングサービス株式会社
(サン共同会計事務所)
URL:https://shine-accounting.co.jp
代表者 上田 昌宏
所在地 東京都
所属 東京税理士会 麻布支部
設立年 平成24年3月
「達人シリーズ」導入時期 平成26年11月
利用会計ソフト 10book(自社開発ソフト)、弥生会計
システム構成 サーバー 1台、デスクトップパソコン 7台、ノートパソコン 6台、複合機 1台、プリンタ 1台


ベンチャー企業、スタートアップ企業に対し、業務効率化を徹底した会計・税務支援を中心にコンサルティングまでを含めたトータルサービスを提供するシンアカウンティングサービス株式会社(サン共同会計事務所)。
今回、「達人シリーズ」導入に至る経緯やRPAを活用した業務効率化の徹底、また、今後の展望について、代表・公認会計士・税理士の上田 昌宏先生と取締役・公認会計士の木曽 浩之先生にお話をお伺いしました。

事務所紹介をお願いします。

代表 公認会計士・税理士 上田 昌宏先生

代表 公認会計士・税理士
上田 昌宏先生

上田-平成24年に設立し、延べ300社を超えるベンチャー企業、スタートアップ企業に対して、会計・税務面での業務支援を中心にコンサルティングによる業績の向上など幅広いサービスの提供を行っています。

また、弊社の特長(強み)としては、業務効率化の徹底が挙げられます。

その中の1つが、現在、NTTデータが販売元となっているRPA「WinActor」を活用した、法人税・消費税申告書作成の自動化です。

具体的には、以下の流れで税務申告書の作成を自動化して、効率化の徹底を図っています。

  • 1. 顧問先コードなど、会社の基本情報を事前にExcelシートに入力し、税金計上前の試算表、消費税集計表を指定のフォルダに格納します。
  • 2. 自動作成プログラムを組み込んだ「WinActor」を実行することにより、約10分ほどで法人税申告書と消費税申告書が作成されます。
  • 3. 作成された税務申告書を人の目で確認し、作成が完了です。

RPAの導入は、株式会社シンカーに委託しているのですが、初期開発から導入後のメンテナンスまでをトータルにサポートしてくれますので、安心して利用できます。

「達人シリーズ」導入の経緯についてお聞かせください。

取締役 公認会計士 木曽 浩之先生(右)

取締役 公認会計士
木曽 浩之先生(右)

上田-「達人シリーズ」の導入以前に利用していた税務申告書作成ソフトは電子申告に対応していなかったので、以下の大きなデメリットが生じていました。

  • 1. お客様や税務署とのやり取りは紙でするしかなく、お客様に捺印をいただく手間、郵送する手間など、非効率な作業が発生していた
  • 2. お客様に捺印をいただく時間や郵送に要する時間を勘案してデッドラインを決める必要があった

そこで、電子申告が簡単に効率よく行える税務申告書ソフトを導入することにしました。

いくつかのメーカを検討した中で、電子申告がスムーズにでき、かつ、汎用性に優れて安価な「達人シリーズ」が、結果的に、最も当事務所の要望と合致していたので、即導入に踏み切りました。

「達人シリーズ」を導入してからは、効率よく電子申告できるようになり、上記のデメリットも解消できました。

  • 1. 申告内容をお客様とのメールなどによって事前確認するだけで申告できるようになった結果、お客様側でも捺印不要になり、また、お客様から税務署へ郵送する手間もなくなり、お客様側でも煩わしい作業がなくなった
  • 2. お客様に捺印をいただく時間や郵送に要する時間を勘案する必要がなくなり、デッドラインが3日程度伸びた

12月決算の会社が多いのですが、1月はお正月休みがあったり、源泉税の納特、法定調書の作成などの業務があり、2月は他の月に比べ日数が少ないです。そのため、実際に作業できる日数が少なく、デッドラインが伸びたことはこの時期は特にありがたいです。

「達人シリーズ」を導入して良かった点をお聞かせください。

木曽-スムーズに電子申告ができるようになったことが1番ですね。

また、以下の点についても、とても満足しています。

・ 会計ソフトや給与ソフトとの連動ができるようになったこと

・ 地方税の税率が自動で反映されるようになったこと

・ 税務申告書作成時に保存をする際や、必要帳票の作成漏れのアラート機能があること

・ 納付書の作成機能があること

・ 価格が安いこと

上田-書面での申告の場合は、税務署提出用、会社控え、会計事務所控えを用意し、それぞれを製本して押印する必要がありましたが、「達人シリーズ」の導入により、電子申告での提出が簡単になりました。製本、押印、郵送にかかる手間が省け、とても満足しています。

「達人シリーズ」へのご要望をお聞かせください。

木曽-「法人税の達人」は、連動する会計・給与ソフトメーカの数を増やしてほしいです。「年調・法定調書の達人」は対応できる法定調書の種類を増やしていただくとさらに便利になると思います。

上田-今後もユーザ目線でよりよいシステムを提供いただけることを期待しています。

今後の事務所の運営方針についてお聞かせください。

職員の皆様

上田-弊社では、クライアントに対し、起業直後からの安定的成長を目指したサポートを行っています。

起業直後は「コスト管理」、「運営体制」、「計画策定」の対応が難しく、慣れない業務のため、余計な時間がかかってしまうことがあります。そのため、売上に貢献する業務に時間を十分費やせなくなることもあります。

しかし、時間に追われてそれらを後回しにすると、後で業務が大変になったり、持続的なコスト圧縮や未来への計画が立てられず、安定的な経営が難しくなります。

弊社はそれら「コスト管理」、「運営体制」、「計画策定」について、会計サービスのプロフェッショナルとして、起業直後でも採用していただける料金体系でサポートしています。

そして、直近・未来の売上・利益をつくるパートナーとなり、持続的成長を実現できる企業体制の構築を目指しています。

そのために、弊社では事務所内の業務効率化を徹底しています。

現在は法人税申告書と消費税申告書の作成について、RPAを用いて自動化していますが、今後は電子申告や内訳書、各種届出書類についてもRPAを用いて自動化し、更なる効率化を図っていければと考えております。

効率化によって、ベンチャー企業、スタートアップ企業にでも十分利用可能になるよう、更なる低価格を実現し、また捻出した時間を、お客様により喜んでいただける付加価値の高い業務に割いていきたいと考えています。

製品名 年間利用料
申告書作成ソフト 法人税の達人 Pro ダウンロード版 55,900円
減価償却の達人 Pro ダウンロード版 51,900円
消費税の達人 Pro ダウンロード版 31,900円
内訳概況書の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
所得税の達人 Pro ダウンロード版 51,900円
年調・法定調書の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
相続税の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
贈与税の達人 Pro ダウンロード版 25,200円
財産評価の達人 Pro ダウンロード版 39,900円
事業所税の達人 Pro ダウンロード版 52,300円
申請・届出書の達人 Pro ダウンロード版 33,900円
データ管理の達人 Pro ダウンロード版 49,800円
電子申告の達人 Pro ダウンロード版 36,000円
申告書作成ソフト
カスタマイズオプション
かげ地割合計算 13,500円
達人Cube 仮想化対策 (月額9,500円×12か月)114,000円
追加25アカウント(合計30アカウント) (月額8,600円×12か月)103,200円
年間利用料金合計 779,100円
  • ※ 表示価格は税抜きです。
  • ※ 契約内容および製品の金額は2020年7月末現在のものです。

取材時期:2019年7月

※ 敬称を省略させていただいております。

導入事例のトップに戻る

このページのトップへ