HOME > お知らせ

ダウンロード

  • 「達人シリーズ」を90日無料でお試し
  • パンフレット 各種製品の詳細をチェック
  • 連動コンポーネント 他ソフトの作成データと連動可能
  • セミナー情報
  • 個別説明会のお申し込み
  • 企業で税務申告をお考えの方へ
  • よくあるご質問
  • ご購入
  • お問い合わせ・資料請求
  • 全国税理士データ通信協同組合連合会
  • エヌ・ジェイ・ハイ・テック
  • オリコンタービレ

お知らせ

「減価償却の達人(平成31年度以降用)」提供予定日のお知らせ

2021.03.20

TatsuzinCube

日頃、「達人シリーズ」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

「減価償却の達人(平成31年度以降用)」の提供予定日が決定しましたので、お知らせいたします。
本プログラムでは、新たな機能改善を予定しています。

公開プログラムバージョン
減価償却の達人(平成31年度以降用)

プロダクトバージョン(1.1.0.1) / メンテナンスバージョン(1.01.0000)
※データベースの更新があります。

提供予定日
2021年4月中旬


1.機能改善による変更
(1) 償却月数計算の変更

   償却月数の計算方法及び月額表の表示方法において、暦法的計算法以外に対応し、以下を変更します。
   ① [新規作成/基本情報の登録]画面の変更
     ・ [運用条件1]タブに[月数計算モードの設定]を追加します。
     ・ [カレンダー]タブを追加します。[運用条件1]タブ-[月数計算モードの設定]で[カレンダー指定]を
      選択している場合に設定できます。
   ② 「月額表(償却月額)」の変更
     ・ 上記「①[新規作成/基本情報の登録]画面の変更」に伴い、1日以外で開始する事業年度の場合に、「月額表
      (償却月額)」の開始月を選択できるよう対応します。[カレンダー]タブ-[表題月]で選択した月が、
      [条件設定 月額表]画面の計算指定日の開始月となります。
     ・ [条件設定 月額表]画面の計算指定日の終了年月を、プルダウンで選択するよう変更します。
   ③ 償却月数計算の初期値の変更

     ・ 「減価償却の達人(平成31年度以降用)」(Ver:1.1.0.1)でデータベースの更新をした場合、[運用条件1]
      タブ-[月数計算モードの設定]の初期値は[カレンダー指定]を選択するよう変更します。
     ・ 「減価償却の達人(平成31年度以降用)」(Ver:1.1.0.1)で旧プログラムデータのコンバートをした場合、
      [運用条件1]タブ-[月数計算モードの設定]の初期値は[カレンダー指定]を選択するよう変更します。
   ④ 演算式の変更
     ・ 以下の画面及び帳票の償却月数の演算式を変更します。
      (画面及び帳票)
      ・ [資産の新規登録/変更]画面
      ・ 固定資産台帳兼減価償却計算書 標準形式
      ・ 固定資産台帳兼減価償却計算書 詳細形式
      ・ 固定資産台帳兼減価償却計算書 詳細形式2
      ・ 固定資産台帳兼減価償却計算書 別表形式
      ・ 青色申告個人別表(青色申告決算書「減価償却費計算書の計算」の別紙明細書です)
      ・ 月額表(償却月額)
      ・ 法人税 別表十六(一) 旧定額法又は定額法による減価償却資産の償却額の計算に関する明細書
      ・ 法人税 別表十六(二) 旧定率法又は定率法による減価償却資産の償却額の計算に関する明細書
      ・ 法人税 別表十六(四) 旧国外リース期間定額法若しくは旧リース期間定額法又はリース期間定額法による
                   償却額の計算に関する明細書
      ・ 法人税 別表十六(六) 繰延資産の償却額の計算に関する明細書

(2) 「第二十六号様式償却資産申告書(償却資産課税台帳)」の変更

   法人個人区分が個人の場合、取得価額に事業専用割合を乗じないよう変更します。
   本変更に伴い、事業専用割合を100/100以外にしていたデータは、[資産の新規登録/変更]画面-[F7/申告情報]
   ボタンをクリックして表示される[償却資産申告書情報]画面-[申告書の計算の基準となる取得価額]の[取得価額]
   が変わらないよう、[入力]にチェックが付きます。必要な場合は変更してください。

(3) 新元号への対応

   [新規作成/基本情報の登録]画面-[基本情報]タブ-[事業年度(開始)]の元号の初期値を令和に変更します。

(4) 翌期繰越の変更
   翌期繰越において、[新規作成/基本情報の登録]画面-[基本情報]タブの[法人個人区分]及び[事業年度]が
   どちらも同じデータの場合のみ、一括で翌期繰越ができるよう対応します。[翌期繰越元の選択]画面で[Shift]キー
   又は[Ctrl]キーを押しながら該当データを複数クリックして選択し、[選択]ボタンをクリックします。

2.その他
(1) 連動コンポーネントについて(Professional Edition/Standard Edition限定)

   本プログラムの公開に伴い、連動コンポーネントも同日に提供いたします。本プログラムで「法人税の達人(令和02年
   度版)」「所得税の達人(令和02年分版)」「連結納税の達人(令和02年度版)[個社処理用]」とのデータ連動をご
   利用の場合は、必ず最新の連動コンポーネントをインストールしてください。
   (対象となるお客様/インストールするプログラム)
   ・ 本プログラムで「法人税の達人」とのデータ連動をご利用のお客様/
     ・ 法人税の達人from減価償却の達人(平成31年度以降用)
   ・ 本プログラムで「所得税の達人」とのデータ連動をご利用のお客様/
     ・ 所得税の達人from減価償却の達人(平成31年度以降用)
   ・ 本プログラムで「連結納税の達人[個社処理用]」とのデータ連動をご利用のお客様/
     ・ 連結納税の達人[個社処理用]from減価償却の達人(平成31年度以降用)

(2) 電子申告について(「電子申告の達人」ご契約の方限定)

   本プログラムの公開に伴い、「電子申告の達人」(地方税)も同日に提供いたします。「電子申告の達人」の起動時に
   自動的に更新するため、達人Cube「アップデート」からインストールする必要はありません。

今後も、弊社「達人シリーズ」では、皆様からのご要望を心よりお待ちしております。

このページのトップへ