HOME > 連結納税制度がグループ通算制度に移行されます

ダウンロード

  • 「達人シリーズ」を90日無料でお試し
  • パンフレット 各種製品の詳細をチェック
  • 連動コンポーネント 他ソフトの作成データと連動可能
  • セミナー情報
  • 個別説明会のお申し込み
  • 企業で税務申告をお考えの方へ
  • よくあるご質問
  • ご購入
  • お問い合わせ・資料請求
  • 全国税理士データ通信協同組合連合会
  • エヌ・ジェイ・ハイ・テック
  • オリコンタービレ

連結納税制度がグループ通算制度に移行されます

令和4年4月1日以後に開始する事業年度より、連結納税制度がグループ通算制度に移行されることとなりました。本ページでは、制度の概要と「達人シリーズ」の対応予定について説明しています。

なお、以下の情報は2021年8月時点の情報であり、今後変更となる可能性があります。変更がある場合には随時更新しますので、予めご了承ください。

グループ通算制度について

グループ通算制度の概要は以下の通りです。グループ通算制度の詳細については、以下の国税庁のホームページをご確認ください。

グループ通算制度とは

グループ通算制度とは、完全支配関係のある法人企業グループ内で損益通算・欠損金通算を可能としながら、各法人が個別に申告を行う制度です。

連結納税制度からの主な変更点は以下のとおりです。

連結納税制度との主な変更点

連結納税制度 グループ通算制度
申告主体 親法人 親法人および子法人
申告方式 一体申告 個別申告
電子申告 親法人の資本金が1億円超の場合必須 資本金額によらず必須
修正申告 グループ内の他の法人の所得金額及び法人税額の計算に反映させる グループ内の他の法人の所得金額及び法人税額の計算に反映させない

連結納税制度ではグループ内の法人をひとつの法人とみなして一体申告していたため、事務負担面の課題などがありました。それがグループ通算制度では各法人の個別申告に変わるため、負担の軽減が見込まれています。

適用の手続き

現在連結納税制度を導入しているお客様は、事前の申請を必要とすることなくグループ通算制度に移行されますが、新たにグループ通算制度を導入する場合、事前の申請が必要です。また、現在連結納税制度を導入しているものの、グループ通算制度に移行しない場合も取りやめる旨の申請が必要となりますのでご注意ください。

「達人シリーズ」の対応予定について

「達人シリーズ」では、グループ通算制度への移行に伴い、新たに「グループ通算の達人」のご提供を開始する予定です。グループ通算制度の開始に向け、今後も製品に関する情報やセミナーの開催情報等について、順次お知らせいたします。
また、グループ通算制度(連結納税制度)の導入検討にあたり、当社からパートナーの税理士法人をご紹介することも可能です。お気軽にお問い合わせください。

導入支援パートナーの詳細はこちら

製品体系

「グループ通算の達人」は、マスターデータの登録・管理、通算処理等を行う[通算処理用]と、各個社が自社の申告情報を入力する[個社処理用]から構成されます。

グループ通算の達人[通算処理用] ダウンロード版 142,800円
パッケージ版 145,600円
グループ通算の達人[個社処理用] ダウンロード版 56,100円
パッケージ版 58,900円

※ 表示価格は年間利用料(税抜き)です。
※ Professional Editionのみのご提供となります。

「グループ通算の達人」を使用した業務フローイメージ

「グループ通算の達人」を使った申告書作成の流れは以下のとおりです。

ご提供開始時期

2022年6月(予定)

※ グループ通算を加味した税効果会計機能については、「グループ通算の達人」のご提供開始前に、「連結納税の達人」にて先行対応する予定です。

注意事項

  • ・ご提供中の「連結納税の達人」と、年間利用料およびライセンスの考え方は変更ありません。
  • ・「グループ通算の達人」ご提供開始後も、過年度プログラムとして「連結納税の達人」のサポートを継続します。
  • ・「連結納税の達人」のご契約期間中に「グループ通算の達人」のご提供が開始されるお客様については、1契約で「連結納税の達人」と「グループ通算の達人」両方のソフトをご利用いただけます。二重で利用料をお支払いいただく必要はありません。
  • ・「グループ通算の達人」は、株式会社NTTデータの日本における商標です。

このページのトップへ